入園案内子ども・子育て支援新制度について入所申込できる方入所までの流れ入園申込み必要書類保育料について入所できなかったとき

見学希望の方はお気軽にお問い合わせください 電話017-738-5054 見学は子どもたちの遊びが活発な午前中がおすすめです。


園関連記事のご紹介

Forboフロアリング 床デザイン施工写真紹介
JP子どもの森づくり運動活動報告
JP子どもの森づくり運動活動報告(2)
食育番組『おやこでクッキング』収録
第79回東奥児童美術展図画の部推奨
第79回東奥児童美術展版画の部特選
第80回東奥児童美術展図画の部推奨
第80回東奥児童美術展版画の部特選
第81回東奥児童美術展版画の部特選


お気軽にお問い合わせください ☎017-738-5054
社会福祉法人八ッ橋福祉会
八ッ橋保育園
TEL 017-738-5054
FAX 017-738-5086
〒030-0944 青森市大字筒井字八ッ橋174番地1
HOME > 入園案内 > 子ども・子育て支援新制度について

子ども・子育て支援新制度について



1.平成27年4月、子ども・子育て支援新制度が始まりました
平成27年度4月より子ども・子育て支援新制度が始まりました。子ども・子育て支援新制度とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」に基づき、乳児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていくための制度です。
小学校就学前の施設として、幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育事業が設けられています。

2.八ッ橋保育園は新制度の「保育所」としてスタートしました
保護者の就労や病気などの理由により、保育を必要とする子どもを保護者に代わって保育します。利用できる方は、原則、入所希望月の初日に青森市に住民票があり、かつ、保護者の就労や病気などの事由により、子どもの保育が必要と認められた方です。利用者はこれまで通り、青森市と契約し、保育料を青森市へ支払います。保育料は保護者等の前年度、本年度の税額や子どもの年齢に応じて、青森市が決定します。

3.新制度によって変わったこと・その1
「保育の必要性」等を判断するため、支給認定の申請が必要となりました。入園希望の場合は、青森市へ「支給認定申請書兼保育所等利用申込書」を提出し、支給認定を受けることが必要です。保育園に入園する場合は、以下の3つの認定区分における、2号認定または3号認定となります。


 ●1号認定
教育標準時間認定
          
お子さんが満3歳以上で、幼稚園等での教育を必要とする場合
 ●2号認定
満3歳以上・保育認定
          
お子さんが満3歳以上で、
           保育の必要な事由に該当し、保育所等での保育を必要とする場合
 ●3号認定
満3歳未満・保育認定
          
お子さんが満3歳未満で、
           保育の必要な事由に該当し、保育所等での保育を必要とする場合

4.新制度によって変わったこと・その2
家庭の就労実態等に応じて、保育の必要量(保育所等の利用時間)を市で決定します。保育の必要量は、「保育標準時間」と「保育短時間」に区分されます。保育標準時間認定の場合は最長11時間、保育短時間認定の場合は最長8時間の利用となります。ただし、最長時間の他に、延長保育の利用も可能です。

保育時間・2つの認定区分
 ●保育標準時間認定
…フルタイム就労(月120時間以上)を想定した利用時間。最長11時間。
 ●保育短時間認定
…パートタイム就労(月60~120時間未満)を想定した利用時間。最長8時間。



















HOME保育園案内保育園の特色保育園の生活|入園案内|新園舎のはなしKAPLA 絵本などトピックスアクセス・問い合わせ